2014年09月24日

讃美歌集と大学クワイアと・・

今年「福音協会讃美歌」のCD Vol.2に制作に入っているのですが、同讃美歌集収録曲の内の「聖公会聖歌集」から使用許諾を頂いた讃美歌曲4曲のレコーディングを立教大学クワイア(立教大学諸聖徒聖歌隊)にして頂きました。レコーディングは2014年8月8日(金)立教大学池袋キャンパスのチャペルにて行われました。その時の様子はスコット・ショウ先生のブログ Scott Shaw's Blog のページ下部 "3.Recording Project" にあります。

立教大学は英国聖公会をバックグラウンドとするキリスト教主義大学です。私自身がドイツで教育・訓練を受け、ドイツの讃美歌を中心とするものを専門としているのはこのブログをお読みの皆さんはご存知のことと思います。例えば福音讃美歌協会での讃美歌委員としての私の役割は、主に「ドイツ係」「教会音楽係」と言えるかと思います。讃美歌に関わる働きは、神学、言語学、文学、音楽そしてさらにそれらのより細部に専門性が交差、協力しあって成し得ることですので、一人一人がオールマイティーである必要はないし、どちらかと言えば自分の守備範囲を広げることよりは、それぞれが深める専門性が交差し協力することが求められるのだと言えます。

何か前置きが長くなりました。私は私の専門のドイツとはまた異なる、聖公会(アングリカンチャーチ)の教会音楽、そしてイングランドの讃美歌の歴史と取り組みに心からの敬意と感謝を抱いている者です。私自身は負いきれないこれらの分野との接点という意味でも、私は立教大学との関わりに感謝しています。週に1度立教大学で教鞭を取りながら、私自身色々な刺激を頂きます。学会やキリスト教学校教育同盟の関わりでも立教大学と繋がりがあります。そのような意味で、自分が兼任講師として関わっている大学のクワイアに讃美歌集のレコーディングに協力頂いた、ということは率直に感謝なことだったのです。

しかし実はこのことは「率直な感謝」という言葉だけでは表現しきれない感動でもありました。少しパーソナルな言い方になってしまうのをお許し頂けるならば、今回、立教大学クワイアに「教会福音讃美歌」の讃美歌曲のレコーディング頂いたことは、私自身の中では、大きく、深く、そして静かな感動でした。日々の日常でそれを意識して動いたとか、目指していたとかということではないのですが、ふと気が付いたら、教会の働きとして自分が10年来深く関る讃美歌の働きと、実際的具体的な活動の接点が普段から多くあったとは必ずしも言えないキリスト教主義学校の活動が、具体的な共助の形で重なった瞬間だったからです。

クワイアの皆さん、Shaw先生、レコーデングスタッフの皆さんがレコーディングに取り組まれている時間、私はそのようなことを思い巡らしていました。

レコーディングは8月8日の金曜日でしたので、私は早めに立教大学を後にし、桜美林大学に戻りました。その日は夏休み前のオベリンナー・カントライ最終練習日。桜美林大学の合唱練習に向かう車中、大きな力と励ましを背中に感じていました。それぞれ大学の取り組みが、学生のため、地域のため、そして教会音楽の振興のため響いていきますように。そのために私も、私達も、与えられている歌声を響かせ、通わせていきたいと思わされます。

かんとーる@うえき
posted by かんとーる@うえき at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103901100

この記事へのトラックバック