2012年07月31日

「教会福音讃美歌」発行

先週の金曜日、大学はこの春学期の授業を終えました。今日から試験・補講期間となります。明日はオルガンの試験。履修生30名、今日は良く寝て明日は直前に弾き過ぎず、そして普段、音楽へ向き合う同じ仕方で試験を迎えて下さい。。。と、ついここに書いてしまったのは、私のゼミ生がこのブログを定期チェックしていることを知ったためでした。。。

私の手元には、同じく金曜日に「教会福音讃美歌」が到着しました。福音讃美歌協会・正会員教派の諸教会にはそろそろ届き、キリスト教書店の書棚にも早ければ今週並ぶと思われます。長年の祈りと取り組みの実がこのような形となったこと、まず心から感謝します。正会員教派教会にとっては、自らが当事者として作った讃美歌集になりますね。これを使い、歌い、育てていきましょう。そのことは今この瞬間からこの讃美歌集の見直しが始まるということでもあります。当事者として関わった正会員教派、そして様々な形で支援・賛助下さった諸教会と皆様に、そして、そして、、この讃美歌集のために讃美歌曲を提供し、著作権の許諾等を下さった諸教派・諸教会に心から感謝します。個人的なことを言わせて頂くならば、私は日本基督教団讃美歌委員会の先生方とは繋がりが深く、もう何年も前から講習会講師としてご一緒し、定期的に研究会もしてるのですね。讃美歌集に関しては先駆者の日本基督教団の先生方の背中に勇気づけられてきたのです。

「教会福音讃美歌」の発行への感謝、まずこの讃美歌集を手にし、歌うことで表しましょう!。

「教会福音讃美歌」発行後のこれからは、福音讃美歌協会はまず、この讃美歌集を教会が使い、これを通して教会が礼拝を捧げるためのサポート、実際に「教会福音讃美歌」を使うためのツールやセミナーを継続的に行っていきます。具体的には、秋の特別公開講座「教会福音讃美歌」セミナー(10/17-19、札幌)、「教会福音讃美歌」を歌う夕べ(10/19、札幌)、お茶の水聖書学院での第3回「教会福音讃美歌」発行記念セミナー(10/27)、奉献礼拝(11/12)等などの準備をしていますが、それらと併せ行っている別の作業は「対照表」の作成です。

今現在使用している讃美歌集から「教会福音讃美歌」収録曲を対照するツール、すなわち「聖歌番号→教会福音讃美歌番号対照表」や「讃美歌21番号→教会福音讃美歌番号対照表」と言ったものです。なんだ簡単と思われがちですが、対照する讃美歌曲は、二つの歌集の間だけのことではありません。「聖歌」「讃美歌」「讃美歌21」「教会福音讃美歌」と同じ曲が交錯する場合があります。まず「教会福音讃美歌」を手にとって最初にこれを開き使うためのツールとして準備しています。もう一つは讃美歌曲の音源MIDIファイル。これは楽譜を作成したFinaleデータから生成したもので全506曲中の2/3は準備済、今後全曲をデータ化します。勿論人間の“アナログ”な賛美の声ではなく電信音ですが「どんな曲かな」を知るための最初のツールとして、有用であると思います。

そのような訳で「対照表」と「MIDI音源」は福音讃美歌協会HPにアップロードの予定です。著作権が福音讃美歌協会の管理下にない曲等は掲載できませんので、それらのチェック作業にも今しばらく時間がかかりますがお待ち下さい。アップロードしましたら、このブログでも告知致します(このHPとBlogは植木個人のものでので福音讃美歌協会を代弁するものではありませんが)。

勿論、巻末の「作詞者索引」「作曲者索引」「曲名(TUNE)索引」「原詞諸行索引」「初行・くり返し索引」を駆使して、見つけることはできますが、歌詞が変わっているものに関しては「初行・くり返し索引」以外の索引でないと見つけられませんね(506曲中、約300曲は他の出典讃美歌集の歌詞のまま、約150曲は改訳、約50曲は新紹介曲と新曲です)。現状で、どの曲に歌詞変更がなくどの曲にあるのかは、既にいのちのことば社HPにアップロードされている
収録曲リストをご覧ください。助けになると思います。

という訳で「対照表」「MIDI音源」今しばらくお待ちください。

近況報告な日記も書こうと思いつつ、暑さに翻弄されていました。パイプオルガンのことも調査・契約・設置等に至るプロセスやそれぞれのアプローチについて連載(!?)したい、、と考えています。でもしばらくは「教会福音讃美歌」の話題が多くなるかな。既に色々質問を頂いている最近です。牧師先生、音楽奉仕者の皆さん、質問大歓迎ですので何でも疑問点、気になること等あればご連絡下さい。メールはこちらへ。

かんとーる@うえき
posted by かんとーる@うえき at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | さんびか・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57340207

この記事へのトラックバック